スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイプオルガンコンサートのお知らせ

夏の夕べに、パイプオルガンの音色はいかがでしょうか?
 
今月89日、フランス、アルプス地方のGrignanという小さな町の教会で
義理の弟が、パイプオルガンを演奏します。無料です。
お近くにいらっしゃれば、お気軽にお立ち寄りください。
 
パイプオルガンというと、どことなく神秘的で心に沁みわたる音色。
さぞかし演奏者もゆったりと静かに鍵盤を弾いてるかと思いきや、
実は、両手両足を(両足も手の指と同じくらいの動き)同時に激しく複雑に
動かしていることを去年知り驚きました。
 
やや脱線しましたが、以下コンサートの詳細です。
 
・日 時 : 89日 pm18:30
 
・場 所 : L'église de la petite ville de Grignan dans la Drôme
 
・プログラム :
 
       < Buxtehude >
              Prélude en ré mineur BuxWV 140
 
          < Bach >
                Prélude et fugue en ré mineur BWV 539
                Choral « Valet will ich Dir geben » BWV 736
         Choral « Herzlich tut mich verlangen » BWV 727
 
        < Mendelssohn >
               3e sonate
               6e sonate
 
       < Schumann >
                4e étude en forme de canon
 
       < Brahms >
                 Choral « Es ist ein Ros' entsprungen » op. Posth. 122 n°8
                 Introduction et passacaille en ré mineur
                 Choral « Herzlich tut mich verlangen » op. Posth. 122 n°10
 
       < Reger >
                 Introduction et passacaille en ré mineur
 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Ephian

Author:Ephian

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。